Google

蓝海人类学在线 Ryan WEI's Forum of Anthropology

 找回密码
 注册
查看: 2171|回复: 24

中国大陆,朝鲜半岛发现过这种 地下式横穴墓 的墓葬吗

[复制链接]
发表于 2018-2-3 15:44 | 显示全部楼层 |阅读模式
中国大陆,朝鲜半岛发现过这种 地下式横穴墓 的墓葬吗,哪个族群有类似这种方式的墓葬形式
18E8E336-5DCE-4282-B1C3-C76AB33D6F6B.png
 楼主| 发表于 2018-2-3 15:46 | 显示全部楼层
5世纪到6世纪 日本九州南部 鹿儿岛发现大量这种形式的 墓葬
532345AA-BC03-4E03-8D8A-1A124FC7C86D.jpeg
发表于 2018-2-3 23:48 | 显示全部楼层
这不是竖穴式洞室墓?
发表于 2018-2-4 11:31 | 显示全部楼层
本帖最后由 lindberg 于 2018-2-4 11:34 编辑

一般来讲,迈锡尼圆顶墓应该算一种横穴式洞室墓,古代关中地区的窑洞式墓也算横穴式洞室墓。

上图有一点点特别,竖穴和洞室之间有一小段羡道。
 楼主| 发表于 2018-2-4 14:33 | 显示全部楼层
4# lindberg 谢谢回复,这个和窑洞那种不一样,完全是平地开挖,挖2米到3米的竖穴,而且地面什么痕迹都不留,什么土包,碑也没有,一个墓地 有时有100个,200个这样的墓葬,遗体,身上涂红色的染料。
发表于 2018-2-4 21:30 | 显示全部楼层
5# 大凌河
嗯,所以说这个是竖穴墓。
发表于 2018-2-4 22:23 | 显示全部楼层
4# lindberg 谢谢回复,这个和窑洞那种不一样,完全是平地开挖,挖2米到3米的竖穴,而且地面什么痕迹都不留,什么土包,碑也没有,一个墓地 有时有100个,200个这样的墓葬,遗体,身上涂红色的染料。
大凌河 发表于 2018-2-4 14:33

請問是在那裡發掘?
 楼主| 发表于 2018-2-5 09:39 | 显示全部楼层
地下式横穴墓(ちかしきよこあなぼ)は、地面に竪坑を掘り、そこからさらに横穴を掘って埋葬施設を構築し、その中に死者を葬る墓。5世紀〜6世紀の古墳時代の九州地方南部、特に宮崎県南部から鹿児島県東部に現れた地域性の強い墓制として知られる。
概要[編集]

古墳時代中期以降全国的な展開を見せる横穴墓が、丘陵の山腹や崖面を穿って構築されるのに対し、地下式横穴墓は台地上部の平坦地などで深さ2〜3mの竪穴を掘り、竪穴の底から真横に掘削を進めることで、必ず地表面より低位(地下)に埋葬施設を構築することから、「横穴墓」との対比として「地下式」の語があてられる。

構造[編集]
竪坑:竪坑(「竪穴」と書かれることもある)は、平面形がおよそ楕円形ないし隅丸方形を成し、地下へ降りるための入口となる。昇降は梯子などを使った可能性が考えられるが、鹿児島県鹿屋市の岡崎古墳群18号墳1号地下式横穴墓では、竪坑の壁面に足掛けの段が検出されている[1]。地下式横穴墓の葬送は追葬を行うことが多いため、竪坑を埋め戻すことはなく、開口させた状態、または上部に板石や木板を置いて封じていたと考えられる。
羨道:竪坑底から埋葬施設への入口となる部分は、「羨道」と呼ばれるが、その長さが「道」と呼ぶには短すぎる場合があるため「羨門」と呼ばれることもある。羨道入口は板石や川原石、粘土塊を積むことによって閉塞される。
玄室:玄室(埋葬施設)は、羨道のさらに奥に、広い横穴状空間を掘って造られる。羨道側から見て、奥行きが長い長方形のもの(妻入型)や、四辺の長さがほぼ均一な方形のもの、奥行に比して横幅が広いもの(平入型)、あるいは楕円形のものなどがある。天井がドーム状のものや、明らかに家屋の屋根を模した三角形の天井に、柱や棟木・桁の意匠を施したものが見られる。遺体は奥から伸展葬で葬られ、追葬ごとに手前(入口側)に安置されていったと見られるが、追葬時に、スペース確保のためか以前に葬られて白骨化した死者を奥壁側の隅に移動させた例がある。遺体の安置箇所は、床に直置きの場合もあるが、玉石による死床を設けるものや、板石による石棺を配置する例もある。遺体の傍らには鉄製武器類や土師器・須恵器、装身具などの副葬品が入れられ、それらは天井が崩壊しない限り土壌化を免れ、地下の閉塞された空間に長く保管され、また盗掘などの後世の影響を受けにくい特性から、発掘調査時には比較的良好な保全状態で検出されることが多い。
地上構造物:基本的に現状では地表面に古墳の墳丘のような構造物・標示物を持たない。そのため、後世にその所在が認知されていないことが多く、玄室天井の崩落で地上面が突然陥没して発見される例や、畑の耕作や農地改良の際、牛馬やトラクターが玄室の崩落に巻き込まれ、事故同然に発見される例もあったという[2]。近年の埋蔵文化財発掘調査等では、事前に地中レーダー探査を行い、位置を把握することがある。また宮崎県都城市教育委員会は、農地などでの突然の地面陥没は、地下式横穴墓である可能性があるため、市ホームページで埋蔵文化財保護の観点から注意を喚起している(市公式ページ)。ただし、数基の地下式横穴が円形に密集してグループを作る例や[3]、玄室直上の地表面に僅かな墳丘状の土盛がされた例があるため、本来は何らかの地上標示物があったが、それらが経年と共に削平ないし滅失し、竪坑も埋没して現状となった可能性がある。

群構造[編集]

地下式横穴墓1基が単独で造営されることはほぼなく、2〜3基、あるいは100基以上で密集し群をなすのが通常である。したがって遺跡名は「(地名)+地下式横穴墓群」とされる。また上述のように、数基の地下式横穴が円形にグループを作る例や、円墳や前方後円墳などの高塚古墳の墳裾に竪坑を掘り、玄室主軸を古墳の墳頂部に向け、あたかも墳丘に従属、または墳丘を共有するように造営される例も知られている。

副葬品[編集]

最も多い副葬品は刀剣・弓矢などの鉄製武器類と土師器・須恵器などの土器類であり、特に鉄鏃が頻出する。鉄鏃の形態は圭頭鏃が圧倒的に多い。他に蛇行剣、異形鉄器が多いことも特徴的である。

また玉類、武具(甲冑)、馬具、鏡など、突出して豪華な副葬品を持つものがあり、これらが副葬される地下式横穴墓は、前方後円墳にも引けをとらない首長墓と考えられている。

分布[編集]

宮崎県児湯郡高鍋町大字上江の牛牧地下式横穴墓群を北限とし、鹿児島県鹿屋市吾平町の中尾地下式横穴墓群を南限とする。宮崎平野部から都城市・小林市・えびの市などの霧島火山群北麓の盆地地帯に展開し、霧島西麓の鹿児島県伊佐市の春村地下式横穴墓群を西端とする。大隅半島では宮崎県串間市から鹿児島県志布志市、曽於郡大崎町などの志布志湾岸と、大隅内陸部の鹿屋市域に広がる。主な分布域からやや離れて、熊本県人吉市天道ヶ尾遺跡で2基が検出され、西北限がえびの盆地を越えて球磨川流域に達することが明らかとなっている。

宮崎・鹿児島両県での発見総数は1000基を越えている[4]。特に、宮崎県の最西端のえびの市地域では300基以上確認されている。
 楼主| 发表于 2018-2-5 10:03 | 显示全部楼层
本帖最后由 大凌河 于 2018-2-5 10:21 编辑

有兴趣的可以用软件翻译,我找几个重点地说几句

地点: 5世紀〜6世紀 九州地方南部、特别是 宮崎県南部,鹿児島県東部。

这种墓穴不是一个一个单埋,至少2到3个,或者100个以上。

宮崎・鹿児島两个地方发现的总数已经超过 1000个

特点:就是平地,不会选择丘陵,山地,就是平地开始挖。

死者都是 伸展葬,墓室正方形,长方形,椭圆形

死者放在玉石板上,石板上,也有石棺的

陪葬品,最多的是弓箭,铁质刀剑,其次弥生时代流行的土器陶器等

鉄鏃特别多,而且大部分都是 圭頭鏃

主要的特征还有一个是 蛇形剑,异性铁器

首领的墓有马具,玉,甲胄,镜子
 楼主| 发表于 2018-2-5 10:19 | 显示全部楼层
本帖最后由 大凌河 于 2018-2-5 10:29 编辑

我上面说的有误,不是身上有红色染料

是身上,脸上缠着带红色染料的布,特别是大部分脸上都有红色染料的布

因为一次不是埋一个人,是夫妻或者多个人

比如夫妻葬,先死一个,墓葬竖井是不封口的,再死一个之后,先死的往里挪,而且有重新涂红色染料的行为,发现过直接往白骨上涂,而不是用布,看来 红色,涂红色,红色布,在他们看来是很重要的仪式。

人骨大致和弥生人接近
 楼主| 发表于 2018-2-5 10:43 | 显示全部楼层
这种墓葬只盛行在5到6世纪九州南部,到了7世纪中段,就彻底消失了

而这一活动范围大致是后来 日向・大隅隼人 的位置

因为 隼人 集团作为日本列岛最后一个被大和民族征服的集团,经常反叛,后来被征服后,大部分被迁到其他地方去了。这一部分人从习惯风俗都是不同于大和民族的,但是日本大部分文献都说这些人,是从东南亚北上过来的,但是我个人感觉还是从朝鲜半岛过来的
发表于 2018-2-5 17:11 | 显示全部楼层
本帖最后由 lindberg 于 2018-2-5 17:16 编辑
这不是竖穴式洞室墓?
lindberg 发表于 2018-2-3 23:48

是我的概念错误,楼主的图是比较典型的横穴式墓,算一种洞室墓(或者叫地下墓穴),竖穴横穴与墓道(楼主图的墓道是竖井)无关。
发表于 2018-2-5 17:34 | 显示全部楼层
本帖最后由 lindberg 于 2018-2-5 18:02 编辑
5# 大凌河
嗯,所以说这个是竖穴墓。
lindberg 发表于 2018-2-4 21:30

我的错误,把墓道和墓穴搞混了。
发表于 2018-2-5 18:03 | 显示全部楼层
10# 大凌河
不填土封口,味道怎么挡得住
发表于 2018-2-5 18:07 | 显示全部楼层
本帖最后由 lindberg 于 2018-2-6 23:13 编辑

竖井向下,然后底部横挖出墓穴,有的中间有甬道,甬道和竖井之间有封门,这种形制的墓葬在古代中国并不鲜见,是比较典型的竖井式横穴墓。

不过有的墓葬没有甬道,墓穴和竖井是相连的。
发表于 2018-2-5 18:14 | 显示全部楼层
本帖最后由 lindberg 于 2018-2-5 18:18 编辑
一般来讲,迈锡尼圆顶墓应该算一种横穴式洞室墓,古代关中地区的窑洞式墓也算横穴式洞室墓。

上图有一点点特别,竖穴和洞室之间有一小段羡道。
lindberg 发表于 2018-2-4 11:31


迈锡尼圆顶墓,有一个奢华的墓穴,用大石砌墓室,也用大石砌墓道(应是甬道),或者依据自然条件直接在山岩上挖甬道,甬道口用石土封住。

窑洞墓则是在土塬上直接挖出的。

楼主这个墓葬形制很可能来自于大陆,但葬俗比较怪,不知来源
 楼主| 发表于 2018-2-7 12:17 | 显示全部楼层
本帖最后由 大凌河 于 2018-2-7 12:20 编辑

我研究了一些,的确是中国有不少横穴墓,但 是地下横穴墓不多,但是基本也能确认是大陆来源。

下面是论坛上的大牛 豢龙氏  发的

Sungir墓葬被称为欧洲旧石器时代晚期最壮观的墓葬之一。被埋葬的三个个体都伴随有丰富的陪葬品,包括象牙珠首饰、服饰和长矛。墓葬中总共有13,000千枚以上的象牙珠(大概需要1,0000个小时的加工)。墓葬上还覆盖了红色赭石材料。由此可以看出,C1a2父系所代表的人群很可能与格拉维特文化相关,并且是活跃于西欧亚地区北部的猛犸猎人。
豢龙氏 发表于 2018-1-10 16:08


日本那些傻子都不检测人骨的,所以只能推测,据日本侧推测九州这些隼人其中一些的父系单倍群类型,很可能就是 C1a1,假设地下横穴墓的这些人的父系的确是 C1a1人群,其中墓葬还发现用红色的染料涂墓室的。根据墓葬的红色染料和上一段 C1a2 的描述分析,地下横穴墓的这些人的父系是C1a1的可能性很高。
发表于 2018-2-13 22:55 | 显示全部楼层
本帖最后由 lindberg 于 2018-2-13 22:56 编辑

17# 大凌河
用赭石材料的习俗遍布内陆欧亚,美洲也有(印第安人祖先从内陆欧亚带走的习俗?)

中石器时代的莱万特地区的哈拉夫遗址也有这个现象,不知这些人是否是冰盛期来自于内陆欧亚的移民?

东欧草原用赭石粉在Repin文化(被认为是Proto-Yamnaya)期间达到了顶峰,后来逐步减少

这个习俗不能和任何单倍群挂钩

评分

1

查看全部评分

发表于 2018-2-14 13:58 | 显示全部楼层
本帖最后由 lindberg 于 2018-2-14 14:04 编辑
17# 大凌河
用赭石材料的习俗遍布内陆欧亚,美洲也有(印第安人祖先从内陆欧亚带走的习俗?)

中石器时代的莱万特地区的哈拉夫遗址也有这个现象,不知这些人是否是冰盛期来自于内陆欧亚的移民?

东欧草原用 ...
lindberg 发表于 2018-2-13 22:55

其实上面列举的只是皮毛而已,还有很多类似的。

http://www.doc88.com/p-0718364952896.html

感觉和一波史前的移民(C? CF? )有关。

也许是母系主导的?但对MtDNA不了解

但感觉P系(R,Q)一开始似乎没有此现象,因为Malta遗址和Afontova Gora遗址好像都没有这种现象,是不是后来被传染的。

评分

1

查看全部评分

发表于 2018-2-16 11:03 | 显示全部楼层
此种墓葬,若日本上古不见的话,应当是中国西北方的偏洞室墓传统。
您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册

本版积分规则

小黑屋|手机版|Archiver|人类生物学在线 ( 苏ICP备16053048号 )

GMT+8, 2018-10-24 12:08 , Processed in 0.138328 second(s), 20 queries .

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表